商品情報にスキップ
  • SOSO-Gのコースターパッドに、マイグラスとクラフトビール缶を乗せて。
  • アウトドアにグラスを持ち出してソソギング
  • 注ぐ、ソソグ
  • 極上のクラフトビールとグラスがあれば、豊かなビールタイムを過ごせる
  • アウトドアでもクラフトビールを楽しみきるためのグラス
  • ビールのおつまみにポテトなどを添えて
  • グラスキャリーポーチシステムの完成形
  • サドルバッグにもなれるSOSO-Gは万能なグラスキャリーポーチ
  • ハイキングとクラフトビールを繋ぐ、新しい遊び道具
  • SOSO-Gのグラスキャリーシステム
  • しっかりとグラスを保護します
  • 保護パッドをアストロフォイルに替えれば、缶クーラーに
1 / 43

asobitogear(アソビトギア)

グラスキャリーポーチ/SOSO-G(ソソグ)

通常価格
¥5,280 JPY
通常価格
セール価格
¥5,280 JPY
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

グラスを持ち運ぶ為の無駄な遊び道具

クラフトビール×アウトドアを「もっと美味しく」。無駄で遊び心ある道具を作りました。

 

クラフトビールへの愛情表現プロダクト

第一弾:【グラスに注げ】グラスキャリーポーチSOSO-G(ソソグ)

第二弾:【ビールを冷やせ】UltraLightな折り畳み保冷バケツ「ビールノプール」

 

注ぐのはビールへの愛情表現

クラフトビールにハマり、楽しむ中で、缶や瓶からグラスに注いだ時の、あの豊かな香り、そしてビールの色合い、口当たりの良さ、それらがなんとも言えず大好きです。グラスに注いでこそ、そのビールの美味しさを100%以上に味わうことができるんだ。そう感じています。ドリフターズスタンド店主の言葉を借りるなら、「グラスに注ぐのはビールへの愛情表現」。注ぐことは、まさに愛溢れる儀式。

 

アウトドアでも「注いで・美味しく」

僕自身、ハイキングやキャンプ、サイクリングなどの外遊びでクラフトビールを楽しむ機会が多いです。外ですから、必ずグラスがあるとは限りません。いや、普通に考えれば無いわけです。できれば、アウトドア環境でもクラフトビールはグラスに注いで味わいたい!そう思いませんか?

 

グラスを持ち歩く

グラスに注ぐことを考えすぎたがために、究極の答えに辿り着いてしまったかもしれません笑。「グラスを持ち歩けば、どこでも注げるのではないか」

このグラスとは、やはりガラス製。個人的見解ですが、プラカップや木製カップ、樹脂カップだとちょっと違うんです。あえてガラス製のグラスにこだわりたい。

とは言え、グラスを持ち歩くなんて、「割れるでしょ、包んで運ぶのも面倒だし」誰もがそう思って当然です。

 

グラスを安心安全に持ち運ぶ道具、SOSO-G誕生

グラスを持ち運ぶ。本当に無駄な道具だと理解しながらも、そんな道具があったら面白いし、間違いなく誰も作ってない。これは作るしかないぞ!と、アイデアと愛情をを詰め込んだのが、グラスキャリーポーチのSOSO-G(ソソグ)。世界初の発明品と言っても良いと思います。

プロダクトの詳細は後述するとして、SOSO-Gの誕生により、グラスを外に持ち出すことが容易になったわけです。もう割れる心配もありません(絶対ではないですけど)。マイグラスを入れて、アウトドア×クラフトビールを、より美味しく、そして楽しく。ビール愛好家にとって夢のプロダクトである。勝手にそう思っています。

 

ビールは好きだけど、わざわざグラスを持ち歩くなんて・・・。普通に考えたらやっぱり面倒なこと。ただ、前述した通り、アウトドアでもクラフトビールを美味しく飲むならば、やはりグラスは欠かせない道具だと思います。無くても困らないものだけど、あればより一層美味しく飲めるもの。

無駄で面倒だけれど、その先には、いつも以上に豊かなビールタイムがあるんじゃないかな。そう考えてみるのも悪くないはず。是非、皆さんもアウトドアでグラスに注いでクラフトビールを楽しみましょう!

 

  • 注ぐ、そのひと手間が粋。山頂やキャンプ場、移動中の新幹線でグラスに注いだら、只者じゃない雰囲気MAX。
  • 注ぐことはクラフトビールへの愛情表現。
  • 香りが抜群に良い。注いでこそ味わえることってあります。
  • 色合いが楽しめる
  • シェアしやすい(ついだりつがれたりとか堅苦しい感じではなく。ハイアルなヘイジー1本を2人で注ぎ合ったり等)
  • 外で飲むビールは、なんでも美味しい笑

 

SOSO-G(ソソグ)はどんなプロダクト?

SOSO-Gの概念をツラツラと書いてきましたが、具体的にSOSO-Gって、どんなプロダクトなのか?詳しく説明していきます。

 

グラスをどうやって保護してるの?そこが一番気になるポイントだと思うので、まずはイメージ動画を見てもらえると、なるほど!そう使うのかというのがわかってもらえます。特に、仕舞う部分(出すときも同様)に、このプロダクトの、「あー、なるほど」が詰まっています。

 

Special Thanks
撮影編集:ハナシウさん
モデル:サイッチョさん

【補足】
紹介動画に、自転車のサドルバッグに付けている場面・漕いでいる場面があります。自転車&クラフトビール=飲酒運転、と連想される方がいるかもしれませんが、これは運搬方法の一例として撮影したものです。飲酒運転を助長するプロダクトでもなければ、推奨する意図もありませんので、誤解のないように。法令順守でご使用ください。

 

グラスを守る独自の保護パッドシステム

割れ物であるグラスを運搬するために欠かせない「保護」の部分。asobitogear独自の保護パッドシステムが搭載されています。(特許出願予定)

 

6mm厚のポリエチレンフォームが入ったパッドを長めにとり、両端のマジックテープを合わせて筒状に巻く。その中心にグラスをスポッと入れてしまえば、外周を覆うことができます。(SOSO-Gは、ハーフパイントグラスに合わせたサイズです)

※下記の収納方法動画をご覧ください。

グラスの上下は、ボトム用と蓋用のパッドが守ります。ボトム部分はマジックテープで脱着できる仕組みになっていて、必要のないときは取り外すことができます。蓋用は、グラスの上に乗せるだけ。

 

 

ロールアップをきつめに巻いて閉じれば、自然とコンプレッションされ、上下外周をしっかり保護するグラスキャリーポーチが出来上がります。この保護システムこそが、世界初となる、グラスキャリーポーチであり、asobitogearが生み出したオリジナルギミックです。

自転車に積んだり、バックパックに括り付けたり、飛んだり跳ねたり、アウトドアフィールドへ安心して持ち出すことができます。

※模倣・コピーはお止め下さい。模倣品・コピー品に対しは、断固とした態度で対応を実施して参ります。

 

コースターも兼ねる保護パッド

外周を覆う保護パッド。これ、ただの保護パッドで終わらないのが、SOSO-Gの面白いところ。広げると、外でもビアグラスを安心して乗せられる「パッド入りコースター」になるんです。

砂利や岩の上に、グラスを直置きするのはちょっと…そんな場面でも気兼ねなく使えるようにしています。せっかく持ち出したグラス。置き場所に困るのは、プロダクトとして残念ですから。

パッド入りコースターは、ビアグラスとクラフトビール缶を横に並べても十分なサイズになっています。ポテトやおつまみを添えれば、どんな場所でも、お店に負けない雰囲気が作れます。蓋用パッドも単体としてグラスのコースターになります。

 

ポリエチレンフォームにもこだわります

ビアグラスを保護する大事な役割を担うクッション材には、三和化工社のサンペルカ®を使わせていただいています。

 

【特長】
あらゆる衝撃から商品や人体を保護。 水や音を通さない、気密性に富んだ緩衝剤です。

独立気泡だから、熱を遮断します。水に沈みません。クッション性に優れています。着色,加工,成形も思いのままです。

サンペルカは、化学架橋剤で架橋した独立気泡ポリエチレンフォームです。この技術は当社独自の発泡技術であり3倍の低発泡品から50倍の高発泡品までの製品が厚物として得られ気泡は極めて細かくソフトな感触と明るい美しさをもっています。

 

使い方・積載の自由度をあげる設計

使い方の自由度を上げるために、カラビナやフックが掛けられるアクセサリーループが両端に付いています。ここに付属のショルダーストラップを繋げると、サコッシュ的な使い方ができます。

また、本体中心より少し上の位置には、ベルトが通しやすい20mm幅の角カンも2つ付いており、自転車へバックパックへの積載もしやすくなっています。

本体はロールアップ式の閉じ口になっていますので、その輪っか部分をバックパックなどに直接括り付けることも可能です。

 

グラスキャリーの役割として開発したSOSO-G/ソソグ。もちろん、マイグラスを入れて、アウトドアへ持ち歩いて欲しいのですが、それだけじゃない用途にも使える、余白を残したプロダクトです。

サーモスのスープジャーを入れて、おにぎりを1つ乗せたら、小さなランチポーチに。アルミシートを巻いて冷えた缶を入れたら、小さなクーラーポーチに。使い手次第で、なんにでもなるプロダクトです。グラスキャリーの用途に縛られず、自由に使ってください。

 

バイクパッキングキャンプでの使用例

20mm幅の角カンを使って、自転車のサドルバッグとして装着した例。

ブラック×蛍光グリーンのポーチがSOSO-G。中にはもちろんグラスが入っています。こうやって、お気に入りのマイグラスを自転車に乗せて運ぶことができるなんて、誰が思うでしょうか。

※運搬例の1つにすぎません。

 

SOSO-Gのアレンジ

クッション材入り保護パッドに代えて、アストロフォイルを巻いてしまえば、簡易的な缶クーラーに早変わり。(別売り予定)

別売りのアストロフォイル

皆さんのSOSO-Gアレンジが、今から楽しみです。

 

グラスを旅道具に変える

SOSO-Gは、グラスを安心安全に持ち運ぶ為の道具。単にそれだけの道具ではあるけれど、僕なりにSOSO-Gを使ってきて見えてきた新しい価値観がある。それは、「グラスが旅道具」になったこと。自転車に乗って河原に行く時も、バックパックを背負って山を歩く時も、キャンプに行く時も。自宅の食器棚に置かれていたビールを飲むグラスが、いつのまにか、欠かせない立派な「遊び・旅道具」になっていた。グラスキャリーポーチが、割れる不安を解消し(状況にもよるけれど)、野外への持ち運びを容易にすることで、グラスを旅道具に変えた!そういう新しい価値観を提供している道具なんだと感じています。

 

 

ソソギングとは

ソソグことを楽しむ遊び。「ソソギング」は大人の新しい外遊び。

ソロやペアで楽しむのも良し。「ちょっとソソギングしませんか?」と友人に声を掛けて集まるも良し。どんな形であれ、アウトドア×クラフトビール×グラスで、ソソギングを楽しんで欲しいです。

●2021.4.19 極上の1本とグラスでソソギング

●2021.3.1 SOSO-Gとソソギング

●2021.2.5 グラスを持ち歩く道具、グラスキャリーポーチ/SOSO-G(ソソグ)

 

SOSO-G構成パーツ

●ポーチ本体

幅:約10cm
奥行き:約8cm
高さ:約13cm(+ロールアップ部分が約12cm)

※保護パッドを巻いた状態で、ジャストサイズになるよう設計しています。若干、出し入れがスムーズに行かない場合もありますが、マジックテープの接合部分を、本体の縫い目(横向き)に合わせると出し入れがスムーズです。

 

●保護パッド兼コースター(グラスの外周を覆うメインパーツ)

幅:約30cm
長さ:約12cm
厚さ:6mm

 

●上下用保護パッド(2枚)

約8cm×約8cm
厚さ:6mm

 

●簡易ショルダーストラップ

斜め掛けするための簡易的なストラップが付属します。
2.4mm径タクティカルコード・樹脂フック2個(ニフコ製)・コードロック(ニフコ製)

 

カラー

サードロット在庫情報(2021.9.24更新)

ホットライム×DCFブラック
ホットライム×ブルー
ホットライム×マルチカムカモ
ホットオレンジ×ブルー
ホットオレンジ×DCFライトグリーン
ホットオレンジ×マルチカムカモ
ダークグリーン×DCFブラック
ダークグリーン×DCFライトグリーン
ダークグリーン×マルチカムカモ/2点
ダークグリーン×ブルー/2点
トゥニーポート×DCFブラック
トゥニーポート×ブラック
トゥニーポート×レッド
トゥニーポート×マルチカムカモ
トゥニーポート×ヘザーブラック
ヘザーブラック×DCFブラック
ヘザーブラック×マルチカムカモ
ホワイト×ブルー/2点
ブラック×DCFグレー
ブラック×レッド
マルチカムカモ×ブラック
マルチカムカモ×ブルー
マルチカムカモ×レッド
マルチカムカモ×ヘザーブラック
キャッスルロックグレー×ブラック
スレートグレー×レッド
パープル×マルチカムカモ
コヨーテブラウン×DCFブルー

 

本体生地は、軽量防水素材のX-Pac®を使用。ロールアップ部分及び保護パッド生地には、Spectra®(200デニール)を使用。いずれも、軽量でありながら耐久性・防水性の高い素材を使用しています。

※DCF(=Dyneema composite fabric)バージョンは、+660円(税込)となります。また、製作過程で、裏表を4回繰り替えす為、生地にシワができてしまいます。中古品のように見えるかもしれませんが、決してそうではありませんので、ご理解の上でご注文ください。

 

価格

税込5,280円(※DCFタイプは5,940円)

 

販売について

在庫販売となります。

 

取扱ショップ

東京都品川区/戸越銀座:ドリフターズスタンド
東京都足立区千住:自転車雑貨FLIP&FLOP
東京都昭島市:自転車屋のどか
東京都昭島市:長塚酒店
静岡県浜松市南区:Green Cog
大阪府大阪市北区:中崎輪業

各取り扱いショップ様でも購入が可能です。ご利用ください。

 

使用上の注意

飲酒後の自動車及び自転車への乗車は飲酒運転となります。法令律順守でご使用ください。