商品情報にスキップ
1 / 16

asobitogear(アソビトギア)

ビールノプール/U.L 折り畳み保冷バケツ

通常価格
¥8,140 JPY
通常価格
セール価格
¥8,140 JPY
税込み。 配送料はチェックアウト時に計算されます。

軽量(UL)で折り畳めて保冷機能と蓋が付いたバケツ「ビールノプール」

 

asobitogearのクラフトビールへの愛情表現が止まらない(笑)。またまた、こだわりプロダクトを開発。グラスキャリーポーチSOSO-Gに次ぐ第二弾は、ビールを冷やす為の道具。

 

在庫品状況(2022.8.5現在)

  • ホワイト(インナーピンクVer)
  • トロピカルティール(インナーピンクVer)

インナーピンクverを2点製作しました。お知らせ記事をご確認ください。

※カート上には【在庫販売】と記載されております。

 

現地で冷やす

これまで、「いかに冷たいまま現地まで辿り着けるか」という保冷に重点をおいた発想でした。これ自体は普通の事で、アウトドアにおけるクーラーボックス・バッグの需要を見ていると納得できるもの。

アウトドアでビールを飲む時は、できるだけキンキンに冷えたビールを飲みたいのは僕だけじゃないはず(もちろんグラスに注いでね)。6面真空などのハードクーラーボックスを使えるときは問題ないけれど、山を歩いたり、自転車で旅をしたり、電車で移動したりする場合には持ち運べない。

例えば、山のテン場まで保冷バッグに入れてビールを担いでも、冷えた状態で飲むのは難しい。行程にもよるけど、自宅を出てから10時間(時には20時間~も)以上経過してることが多いから。自転車に保冷バッグをパッキングしてキャンプ場まで行っても同じ。

保冷は、どうしても「時間」が肝。自宅を出てから飲むまでの時間が長くなればなるほど、冷たい状態をキープするのは難しい。当たり前のことだ。

 

そこで、発想の転換。

「現地で冷やせば良い」のだと。

山のテン場近くに冷たい沢があったり、水が豊富な場所なら冷水に浸せば良い。キャンプ場の近くや駅近くにコンビニやスーパーがあれば、ビールと氷を買って一緒に入れておけば良い。

こう考えると、現地で冷やすこと自体、それほど難しいことではなく(行き先にもよるが...)、持ち運びできて軽量な冷やす為の道具(バケツ等)さえあれば良いんじゃないかと。

 

「保冷」「蓋付き」「軽量」「折り畳み」のバケツ

単なるバケツなら、シアトルスポーツやスノーピーク・オルトリーブなどの折り畳みバケツで良いでしょう(重量気にせず比較的安価)。100均で買えるアルミバッグなどでも良いのかもしれない(防水性なし、とにかく安い)。超軽量を目指すなら、DCFでボンディング加工したバケツがあれば良い。

でも、欲しいと思えたものは、それらのバケツではなく「軽くて、折り畳めて、蓋が付いて、保冷できるバケツ」。バケツなのに保冷が出来れば長時間冷やせるし、直射日光を遮る蓋が付いていれば、氷が解けにくい。さらに、軽くて折り畳めたら持ち運びやすい。これはもう最高に便利だろうと思い、「保冷」「蓋付き」「軽量」「折り畳み」という欲張りすぎるバケツを作ることにしました。

 

機動力と機能性を兼ね備えた唯一無二のバケツ

外生地の下に遮熱材アストロフォイルを重ねることで「保冷機能」を。軽量で耐久性の高いECOPAKを使うことで「軽量化」を。インナー生地には軽量で防水性の高いリップストップ生地(コーデュラリップ他)を使い、縫い目を付けずに組み上げることで「防水性」を。※水漏れなし。

さらに、陽射しを遮る為の上蓋を標準装備とした。蓋は取り外しができる仕様。裏にアストロフォイルを重ね、上方向の保冷も抜かりなく。この蓋があることで、簡易的な保冷バッグにもなる(被せるだけなので完全密閉ではない)。

総重量は約145g(LS07)~約155g(ECOPAK)。折り畳んで仕舞える仕様により、持ち運びやすい「機動力」も合わせ持つバケツに仕上がっています。

 

「保冷」「蓋付き」「軽量」「折り畳み」ができるバケツ。これって、自転車キャンプ、徒歩や電車キャンプ、BBQなんかと相性抜群じゃありませんか?

例えば、食材を全て現地調達するキャンプの場合、自転車やバックパックにビールノプールをパッキングし、現地で飲み物・食材と一緒に氷を買って、ビールノプールに入れて冷やす。帰りは折り畳んでパッキングすれば、とてもミニマムでスマートなキャンプが可能。

また、アウトドアでビールを飲む時(例えばソソギングetc)やピクニックやBBQ・海水浴などの時にも、「ビールノプール」が1つあれば、即席クーラーバケツが出来上がり、冷えたジュースやビールなどを楽しむことができるのです。

 

参考動画

 

(注意)上部の縁取り部分に縫い目があります。入れ方や入れる量により、ここから浸水することもありますので、ご注意ください。

 

 

参考ブログ

2021.10.10 ULで折り畳めて保冷ができるバケツ「ビールノプール」

2022.6.22 多摩川ソソギングで保冷バケツが大活躍

 

カラー

  • ブラックヘザー(X-Pac LS07)*最軽量
  • グレーヘザー(X-Pac LS07)*最軽量
  • ホワイト
  • コヨーテブラウン
  • ブリックレッド
  • ブライトブルー
  • トロピカルティール
  • レモンライム

※ECOPAKを採用した理由は、グリッドが正方形に均一に入っている為。これは、4方向どこから見てもグリッドが綺麗に見えます。X-Pacではグリッドが均一に入りませんので、ECOPAKとしています。

 

●ECOPAKについて

100%リサイクルポリエステル
耐摩耗性、防水性にすぐれ、耐久性もあるファブリック。この生地を1m使うごとに、従来の生地と比べて約500gもの炭素排出削減に寄与することができます。

 

●ECOPAK EPX

裏地はDWR(耐久撥水加工)でC0(フルオロカーボン未含有)仕上げです。通常裏地は50デニール程度の生地が使用されるのが一般的ですが、EPXシリーズには70デニールのリップストップ生地を使用しており、縫製部の耐久性により貢献できるほか、引張強度も高まっています。

ECOPAK生地見本ページ

 

※内張り生地は、生産時期により異なります。ホワイト・グレージュ等
※本体と蓋は同一カラーになります。

 

サイズ

本体

幅:約22cm(正方形)
高さ:約13cm
重量:約110g(ECOPAK)/約100g(LS07)

 

上蓋

幅:約29cm
重量:約45g(ECOPAK)/約42g(LS07)

※サイズ・重量の数値は前後します。
※折り畳み用固定コードが約5g。

 

素材

外生地:ECOPAK/X-Pac Liteskin07
遮熱材:アストロフォイル
インナー生地:コーデュラリップ、又はECOPAK EP50 KC(50Dリップストップ)

※インナー生地については、生産時期により種類・色が異なります。また、改善のため予告なく変更する場合がございますので、ご了承ください。

 

仕様

本体

  • 左右に持ち手(ナイロンベルト15mm幅)
  • YKKグログランテープで縁取り処理
  • 正面中央縦にベルトループ(ピッチは3つ)と丸ゴム
  • 後部にマジックテープ(16mm幅メス)

※ベルトループには輪っかになった丸ゴムが1つ付いています。上蓋にあるコードストッパーに引っ掛ければ本体と蓋を固定することができます(強風対策)。

 

上蓋

  • 取手(ナイロンベルト15mm幅)
  • YKKグログランテープで縁取り処理
  • 裏側にマジックテープ(16mm幅オス)
  • 折り畳み用の固定コード:2mm径タクティカルコード&コードロック(*約5g)

※折り畳み用固定コードは、シリコンバンドやマジックテープバンドなどでも代用可能です。

 

価格

7,400円(税込8,140円)

販売価格は高くなりますが、使用する素材と必要な機能に妥協せず、軽さとコンパクトさを追求して開発していますので、ご理解いただけると幸いです。参考までに、保冷機能のない折り畳みバケツが約4~5000円前後です。

 

納期

在庫販売、及び予約注文(現在の納期は約40日です)

 

クラフトビールへの愛情表現プロダクト

第一弾:【グラスに注げ】グラスキャリーポーチSOSO-G(ソソグ)
第二弾:【ビールを冷やせ】UltraLightな折り畳み保冷バケツ「ビールノプール」