CafeRackとCup Sleeve

CafeRackとCup Sleeve

ペップサイクルズさんから発売されたCafe Rack(カフェラック)。フロントラックに、カップホルダー用のリングが付いているという優れもの。

この発想、ありそうでなかった。そんなプロダクト。何気ない機能を、こうしてプロダクトに落とし込む。モノづくりの立場から、見習うべきことが多い道具です。

 

先日、Cafe Rackデビューを果たしたのですが、1つ問題が。

リングの径が、コンビニコーヒーのSサイズには大きすぎて、カップ本体がフィットせず、上蓋で引っかけている状態。あくまでSサイズでの話。Mサイズなら問題なくフィットするでしょう。

このままでは、Sサイズのコーヒーを飲む人達が困ってしまうはず。僕はすぐに、カップスペーサーが必要だろうと考え、作ってみたのです。

 

カップスリーブ(Cup Sleeve)というものを。X-Pac LS07ヘザーブラックの端切れ生地を利用。実は、アストロフォイルを挟んでいるので、少しの保温・保冷効果も見込めます。(気持ち程度に考えてください)

 

カップに嵌め込むだけ。

 

カフェラックのリングにもぴたりとはまり、大きく改善しました。これでSサイズのコーヒーも問題なくカフェラックに収まります。やった!

 

カフェ=街乗りというイメージ。きっと、街を走りながら、カフェに立ち寄り、公園で飲んだり、ショッピングをしながら飲んだりすることも多いはず。そんな状況で使えるようにと、両脇にループを設け、紐を付ければ肩掛けできるようにしました。中身が入っているので、少し気を遣いそうですが、出番はありそうなので念のために。

 

果たして製品化となるのかどうか。もう少し考えてみます。