¥1,400

ボンディング加工による縫い目のない軽量スタッフサック

軽量防水素材のDyneema Composite Fabrics(=DCF)を使用し、ミシンを一切使わず、ボンディング加工による縫い目のない軽量スタッフサックです。

 

こだわりポイント

 

1.ボンディング加工

スタッフサックの主な役割に防水性を求めるなら、断然、ボンディング加工になります。
ミシンを使えば、製作も楽になり、マチを付けたり形も自由度が増すのですが、縫い目を作ることで防水性が低下してしまいます。

asobitogearのスタッフサックは、パッキングを楽にする、荷物を小分けにするためのスタッフサックという側面よりも、例えば、濡れたテントからシュラフやダウンジャケット、着替えなどを守るための「防水性」を重視したスタッフサックとなります。

ただし、開口部は巾着タイプになっていますので、そこから浸水する可能性は高いですが、パッキング時に巾着の閉じ口を下に向けるなどの工夫をすれば、軽減されるはずです。

 

2.薄い生地を使用

0.51ozと0.67ozを使用しています。二年程使い続けていますが、0.51ozで何ら問題なく、寧ろ、スタッフサックはこのくらい薄く、軽い方が良いという結論に至りました。
詳しくはブログに書いていますので、ご覧ください。

薄いDCFスタッフサック

 

3.防水性を高める

正面左下のボトム部分が、接着順の影響で防水性が低い箇所になっています。
この部分を補強しています。できるだけ防水性を高めたいからです。
正直、縫い目がはないですし、補強なしでも外部から水が入り込んで、中の道具を濡らすことは、ほとんどないと思うのですが、より防水性を高めるため、補強をしています。
asobitogearの、ボンディングスタッフサックのこだわりです。

DCFスタッフサックの再検証

DCFに抱く、一つの疑問

 

サイズ

お使いの用途に合わせられるように、サイズを多数ご用意しました。
ウインドジャケットや小物を入れるため、シュラフを入れるため、着替えを入れるため、テントを入れるため等、様々な使い方があると思います。
カスタマイズも可能ですので、ご注文時にご希望をお知らせください。(縦横は最大値以上対応できませんのでご注意ください)

 

使用例


ダウンシュラフやダウンジャケットは、「濡れ」を気にせずパッキングできるので、とても便利です。
他にも、着替えなどをDCFスタッフサックにいれています。

結露で濡れたテントも、他の道具への「濡れ」防止を考えると、DCFスタッフサックは効果的です。

 

カラー

Olive Green(0.51oz)
Blue(0.51oz)
Gray(0.51oz)
Camouflage(0.67oz)


付属品

  • 細引きは、マイクロコード1.1mm径
  • コードロックはnifco社の最軽量タイプ(CL5)

 

重さ

4g~。サイズ20-30で約8gほど

 

細引きの差し替えについて

できるだけ軽量化するため、細引きは1.1mm径を使っています。
差し替え可能ですので、少し太めのコード(例えば2mm径)に変えたい場合は、プラスチックの紐通しを使って差し替えてください。
金属製の紐通しでは、生地を破いてしまったり、傷めてしまう可能性がございます。

 

納期について

お届けの目安は、決済完了後から約1~2ヶ月となりますので、ご理解の上でご注文をお願い致します。
常時生産できる体制ではありませんので、お時間がかかってしまいます。
ご理解ください。

 

Just added to your wishlist:
My Wishlist
You've just added this product to the cart:
Go to cart page