ビールノプールQ&A

ビールノプールQ&A

折り畳みできるウルトラライトな保冷バケツ「ビールノプール」をQ&A形式でわかりやすくお伝えします。

 

Q.何故保冷バケツなの?

A.ハッキリ言えば「単なるバケツ」でも良かったんだと思います。価格も抑えられて、さらに軽量にできますから。DCFを使ってスーパーULバケツというのもアリなのかもしれません。

保冷機能を付けたのは「"長時間"冷やす」「氷をとけにくくする」それが理由です。バケツでクーラーバッグ的な使い方をしたかったんです。

それと、普通のバケツを作った場合、他メーカーの同じようなバケツと比較されることは避けられません。asobitogearとしては、やはり唯一無二のプロダクトにこだわり、どこよりも最初に作りたかったんです。

 

 

Q.何故上蓋が付いている?

A.氷バケツって、テーブルや地面に放置するイメージ。普通は蓋が付いてませんからね。ピクニックやキャンプで直射日光を浴びる機会も多く、そういう時に少しでも冷えた状態をキープしたいですし、氷も溶かしたくない。だから蓋が必要だったんです。

ただ、かっちりした蓋だと開閉が面倒。そうなると、ソフトorハードクーラーボックスと変わらなくなります。あくまでバケツであり、でも陽射し除けは欲しい。となれば、被せるだけの簡易的なもので、且つ取り外しできる上蓋がベストだろうとなったわけです。

 

 

Q.値段が高い理由は?

A.「軽量・折り畳み・保冷機能・防水」バケツを目指してる為、高価な軽量防水素材などを使用しているからです。遮熱材のアストロフォイルをECOPAKで挟み込み、さらに直射日光を遮る上蓋も付けています。材料費の高騰も考慮しての価格設定なのです。

 

 

 思い付いたら、随時アップデートしていきますね。